フルタ製菓株式会社ニュースリリース

平成28年11月4日
<報道関係各位>

40周年「セコイヤチョコレート」、新商品「エブリワンクッキー

古田織部さんを起用したTVCM、絶好調!
第1回「織部賞」を受賞しました!

フルタ製菓株式会社は、「セコイヤチョコレート」「エブリワンクッキー」のおいしさ、楽しさをより多くの消費者に知っていただくため、安土桃山時代に「織部好み」という言葉を大流行させた武将であり伝説の茶人である古田織部さんをCMキャラクターとして起用しました。
古田織部さんは没後401年を迎える今でも歴史好きを中心に多くのファンに人気があり、同じ古田という名前がマッチしていることからも今回の起用に至りました。
TVCMでは、普段の姿からは想像できないはじけた古田織部さんが満載に描かれています。「セコイヤチョコレート」40周年の節目と、新商品である「エブリワンクッキー」を送り出すフルタの本気を受け取っていただきたいという期待が込められています。

おかげさまでオンエアと同時にSNSで話題に。ツイッターでは「エブリワ〜ンが頭からはなれないw」「わけがわからなくて好き」「斬新すぎる」「セコイヤ食べたくなった」などのコメントが1日に300件以上もツイートされ、その他に口コミ、取材の申し込みなど、今までにない反響を感じております。

そんな折、古田織部美術館様から第1回「織部賞」の受賞のお知らせをいただきました。受賞理由としては、古田織部の名前をカリスマ茶人≠ニしてユーモラスかつ機知に富んだ映像や画像により、視聴者である子供たちとその親に知らしめたこと。
また、壁紙に織部の家紋「三引両」 を使用するなど、「織部好み」という茶道・陶器の業界用語をチョコレートに結びつけ、多窓で中柱のある織部好みの台目の茶室を用い、当時武将が親しんだ「能」を背景音楽にするなど、老若男女を問わず広範な視聴者に対し、千利休亡き後の天下一£ヰl・古田織部を、スーパースターとして社会に発信したことです。
具体的には、子供たちの流行語にもなりうる「セコイヤ〜ン」という台詞を元に織部を宣伝したことの独創性、織部の「目利きの力」=「眼力」をビームに見立てた発想力に称賛いただきました。

フルタ製菓の古田織部CM
織部賞受賞を記念して、特別バージョンのCMを制作しました。
公式Youtubeアカウントでご覧いただけます。

【セコイヤチョコレートファミリー商品情報】

セコイヤチョコレートファミリー

種類 [セコイヤチョコレート]:ミルク、いちご、ビター
[パーティーセコイヤチョコレート]
[朝のセコイヤチョコレートプラス]
特徴 発売40周年を迎えました。サクサク食感がセコイヤの魅力です。
価格 [セコイヤチョコレート] 30円(税抜)
[パーティーセコイヤチョコレート] 1,200円(税抜)
[朝のセコイヤチョコレートプラス] 50円(税抜)

【エブリワンクッキー商品情報】

エブリワンクッキー

種類 バニラ&ココア、バニラ&いちご、マロン
特徴 チョコチップがたっぷり入ったソフトタイプのクッキーです。
価格 オープン価格

古田織部さん

【古田織部さんプロフィール】

古田重然(ふるたしげなり)
1543年 岐阜県生まれ

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名、茶人。
大胆かつ自由な気風を好み、茶器製作・建築・庭園作庭などにわたって「織部好み」と呼ばれる一大流行を安土桃山時代にもたらした。

【古田織部美術館概要】

京都市北区にある古田織部(古田重然)ゆかりの茶道具等を展示する美術館。
常設展を設けず、年3、4回の展示替えを行い、折々のテーマをもとに織部好みの茶道具を公開。

【織部賞概要】

千利休亡き後の天下一£ヰl、古田織部の名を広めるような功績のあった人、 特筆すべき織部に関する研究をした人、織部好みの茶陶の再現に成功した人などを対象に顕彰。自薦・他薦を問わず。



◆ フルタ製菓 会社概要 (平成28年10月末日現在)
<称 号>フルタ製菓株式会社
<本社所在地>〒544-0023 大阪市生野区林寺6丁目7番22号
<代 表 者>代表取締役社長 古田 盛彦
<設 立>1952年(昭和27年)8月1日
<資 本 金>8,000万円
<従 業 員 数>280名
<製 造 品 目>チョコレート、クッキー、パイ、ゼリー、ラムネ、ガム、キャンデー
<工場・支店>本社工場 〒544-0023 大阪市生野区林寺6丁目7番22号
美原工場 〒587-0002 大阪府堺市美原区黒山663
平尾工場 〒587-0022 大阪府堺市美原区平尾1018-1
支店・営業所 東京支店ほか15ケ所
<関 係 会 社> 株式会社フルタフーズ
フルタ産業株式会社
株式会社ルリエ
<スローガン>「おいしさと夢と健康を」
<主な販売品>・フルタセコイヤチョコレート
・フルタわなげチョコ 
・フルタ生クリームチョコレート
・フルタハーモニアクッキー
・フルタ「チョコエッグ」シリーズ   等
この資料に関する報道関係者からのお問い合わせ先
フルタ製菓株式会社 企画開発部
塩谷(しおたに)・堂浦(どううら)

〒544-0023 大阪市生野区林寺6丁目7番22号
TEL.06(6719)6161(代) FAX.06(6719)3201

お客様からのお問い合わせ窓口
フルタ製菓株式会社 お客様相談室
TEL.06(6713)4147